紹介する女性とは?

 

ふつうは、結婚相談所「なんか」に

ビジネスマンが出会いたいような女性はいないと

想像されても無理はないかもしれませんね。

 

しかし、女性の婚活塾を主宰してきて、

ひいき目に見ていると思われるかもしれないけれど、

 

ビジネスマンの結婚相手としてふさわしい女性は、

けっこうな割合でいますよと言えます。

 

では逆に、

「女性として十分魅力があるならなぜ結婚相談所に? 」

という疑問もあるでしょうね。

 

ビジネスマンなら

「何かよからぬ魂胆をもった女性を紹介されるのでは」

などと勘繰ってしまうかも・・・

 

私が紹介する女性には、

私と専門の結婚仲介員が必要な審査をしています。

 

職業を持っている女性のほうが圧倒的に多く、

学歴では四年生大学出身者も少なくないですね。

 

親世代はよく

「女は賢くないほうが可愛い」などと言いますが、

それも一定クラスの知性があってのことで、

「賢さを表に出すのではなく、内に秘めている」という意味。

 

話のレベルや中身がほどほどにマッチしてないと、

会話がかみ合うこともないですからね。

 

多くのメディアでこのところずっと、

男性のコミュニケーション能力ばかりが非難され、

疑問を感じている人も多いのではないかしら?

 

男性が言いたいことはなんとなくわかっていますよ。

「コミュニケーション能力に欠けるのは、むしろ女性のほうだ」と。

ビジネスの現場では、そう感じることも多々あるでしょうね。

 

 

もし出会いの場で、あからさまに失礼な態度を取る女性がいれば、

遠慮なく私に言ってもらえればいいのです。

お断りをすれば、二度と会わなくて済むようになっていますから。

 

ふつうの知り合いを通じた紹介と違うのは、このように、

「紹介を断ることに何の遠慮もいらない」点です。

 

ただ、大多数の女性は、初対面の言葉や振る舞いで、

誠実で温厚な男性が気分を害するようなことはしません。

 

こういう紹介の場に出られる人は、決して「負け組」などではないし、

責任感と感謝の心をもつ大人にだけ許される社交の場なのです。